ブログ

歯が動くメカニズム

院長です。

 

矯正治療を行うにあたって、歯に力をかけると何故歯が動くのか

気になりませんか?

そのメカニズムを簡単に説明しますと、矯正中は歯を支えている

骨が吸収(骨がなくなる)と添加(骨ができる)を繰り返している

ということです。

 

つまり、一定の方向から歯に力をかけるとその力のかかっていない

反対側の骨が圧迫されて貧血状態になります。それを継続的に続けて

いるうちにそこには骨を壊す破骨細胞が集まってきます。

破骨細胞によって骨は吸収され、その分歯が動くという仕組みです。

その後、歯にかかる力が弱まってきたら、今度は骨芽細胞という

骨を作る細胞が出てきます。これによって歯を支えている骨がまた

再生されます。

 

最近では骨芽細胞や、破骨細胞といった造骨細胞をコントロールする

酵素の研究が進んでいるそうです。この酵素の働きによって矯正の

治療期間を自在に調整できる日が来るかもしれません。

 

吸収と添加.JPG

 

投稿日:2013年5月28日  カテゴリー:未分類