ブログ

季節的な歯周炎

勤務医 安田篤史です。

梅雨まっただ中、暑いし湿度は高いわでとても不快な気候ですよね。

この季節は「親知らずの痛み(智歯周囲炎)」や「歯ぐきの腫れ・痛み」

で来院される患者さんが増える傾向にあります。

 

実は私も親知らずに泣かされた患者の一人なのですが、自分が大学で

研修医だった時に知り合いの口腔外科の先生が

「梅雨に入ってから智歯周囲炎の患者さんが増えて、親知らずの

抜歯ばかりしているなぁ~」

と言っていたのを思い出します。学術的には何の根拠もないのですが、

確かに梅雨は智歯周囲炎が多い!

 

歯の痛みの原因は細菌感染です。季節の変わり目は体調管理が難しく、

体の免疫力が低下するため、その結果 細菌が増殖し、症状が悪化する

事は大いに考えられます。しかしそれだと、秋にも智歯周囲炎の患者

さんが増えてもおかしくないはずです。

梅雨特有といえば雨、湿度が高くなるとカビのように歯ぐきでも菌が

繁殖するのでしょうか・・?

 

夏へと移行するこの時期、

歯周病持ちの方は体調管理と、一層の口腔ケアを心がけて下さい。

 

投稿日:2013年6月21日  カテゴリー:未分類