ブログ

奥歯で噛むと言う事…

先日インプラントのオペが終わり、左上の大臼歯がなくなって

(抜歯即インプラント埋入)食事の度に不便を感じています。

大臼歯がなくなるってこんなに大変なんだと改めて実感。

左で噛めないので、反対で噛むのですが慣れないせいか(もともと

左噛みの傾向)食事の度に唇を噛み、ごりごりと同じ所ばかり噛むので

血豆になりそうな勢いです。

 

気をつけてゆっくり食事をするようにしているのですが、だんだん食べるのが

面倒くさくなってきました((o(;△;)o))

奥歯で噛めないからと前歯で食べてみたり、色々試してみたのですが

前歯では噛み砕けないし…。

しかも前歯で食べている所を鏡でみて唖然…。

鼻の下、上唇の上に縦にしわが何本も出来てえっ???数年後の自分?

と思うような顔つき…。

歯を失うって色々な所に弊害がでるのだと実感。

普通に何も考えずに噛めて食事が出来るってありがたいことなんですよね。

 

インプラントオペは、私自身が手術室での手術が初めてだったので

オペ室で、いざベッドに寝て天井の無影灯を見た時には、かなり緊張しましたが

院長先生の執刀、篤史先生のアシスト、そして衛生士さんのサポートによって

安心して受けることが出来ました。

勤務中にアポイントをとってオペをしてもらったので、オペの後仕事に戻ったのですが

(麻酔が効いていて話をするのも大変だろうと、先生からオペの後のアポイントは

入れなくていいからと言って頂いていたのですが)

何の問題もなく仕事も出来て翌日の腫れもなく大丈夫でした。

 

とりあえずインプラント体は入りました。

今後は上部が入るまでの道のりです。

又、私目線から感じたことなど、お知らせ出来たらと思います。

受付の小西でした。

 

投稿日:2013年6月26日  カテゴリー:未分類