ブログ

悲しい結末

こんにちは(*^_^*)

受付の小西です。

最近、審美面を気にされる方が多いので

セラミックのかぶせものを希望される方は多いのですが

ファイバーポストコアという言葉は

あまり浸透していないように思います。

  参照

   ↓

http://www.ikeda-ic.com/service/fiberpostcore.html

 

かぶせものをする前に、土台に何を使うかによって

今後その歯の寿命が左右されると言っても過言ではないと思います。

どんなに質の良いかぶせものをしても、例えば土台に銀を使った場合

周りの歯ぐきが黒ずんできて審美的にもよくないですし

その歯が悪くなった時に、再治療のために土台を外そうと思うと

土台の周りの歯が割れて、結局抜歯というケースも多いです。

歯の神経を取らなければいけないほどの虫歯になった時点で

その歯の寿命はかなり短くなるのですが

その後の治療がしっかりできていれば、一生使うことは

可能ではないかと思います。

私自身、何本が神経を抜いた歯があり

私が治療をした当初はファイバーポストコアなどは

なかったので、銀の土台を入れて上にかぶせる歯は

銀色は嫌だったので、セラミックにしてもらったのですが

今は、そのうちの2本は抜歯。インプラントが入っている状態です。

そして、また新たな所が悪くなってきています。

出来るだけ、神経は抜かないほうがいいと思いますが

神経をぬく処置をした歯の治療をその後、どうしていったら

長く使えるのかを、先生とも相談しながらご自身でも考えて頂き

万が一、その歯の再治療をしなければいけなくなった時に

なるべく歯にダメージを与えずに再治療できる状態にしていたほうが

いいと思います。

保険外になるので、費用はかかりますが将来的に長持ちして

抜歯などということにならなければ、安い治療費だと思います。

歯を失って気づくものってたくさんありますよ(;一_一)

投稿日:2014年7月18日  カテゴリー:未分類