ブログ

審美学会in高松

こんにちは(*^_^*)歯科衛生士の川西です。

11月22日(土)23日(日)の2日間、麗子先生と

審美学会学術大会に行ってきました。

会場は高松国際ホテルだったので、新幹線で岡山まで行き

岡山からマリンライナーに乗って海の上を綺麗な景色を眺めながら

行ってきました。

≪電車の中からの景色≫

 

 

DSC_1991

 

DSC_1994 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪駅前にて≫

DSC_2012

 

 

 

 

 

 

 

今回の講習会で学んだことは、超高齢社会において健康に対する

意識は疾病治療型方から疾病予防型に変更する必要があると

考えられると言うことです。

プレジデントと言う雑誌の中の「リタイア前にやるべききだった

後悔ランキング」のアンケート調査の結果

1位・・・歯科定期検診

2位・・・スポーツで体力強化

3位・・・ウオーキング

だったそうです。

人の人生は継続的に行うことが大切です。

歯科定期検診も同じです。

歯科定期検診の必要性を正しく伝え、歯科医療分野で見た目の美しさ

も、勿論大切ですが機能的な美しさを視野に入れ

今後超高齢化社会においても美しく食べ、楽しく会話し

美しい笑顔をサポート出来る様、私たち歯科衛生士が

貢献していかなければならないと思いました。

PS.お天気に恵まれ気持ちよく審美について学ぶことが出来ました。

 

≪審美学会会場内≫

 

DSC_2018

 

 

 

 

 

 

 

≪会場前にて≫

 

DSC_2014 (3)

 

 

 

 

 

 

投稿日:2014年11月25日  カテゴリー:未分類