ブログ

 

お久しぶりです、院長です。

先日、9月23日、24日とインプラント学会で仙台に行ってきました。仙台は大阪より湿度が少ない分、若干涼しく感じましたね。また、仙台の牛タンと牡蠣、ずんだ餅を食べて少し仙台を満喫いたしました。なぜ牡蠣かというと未だ震災の風評被害で牡蠣が売れないそうで・・でもとっても美味しかったですよ。

 

さておき学会では、昔はインプラントの臨床結果を考えることに終始していましたが、もう40年もたちそれまでの臨床結果が果たして合っていたのか再考する時期に入ってきています。何が原因でインプラント周囲炎になるのか、インプラント本体の表面性状が原因なのか?術式が原因なのか?過去に正しいと言われた治療が現在どのように推移しているのか、長期的経過を観察して再考しています。

また、インプラント治療も、医科の分野の事をもっと深く知らなければと思い知らされました。睡眠時無呼吸症候群や骨粗鬆症についても医科とうまく連携をとっていければと考えています。

 

今回も実りの多い学会でした。今後の治療に生かしていきたいです。


 

 

投稿日:2017年9月25日  カテゴリー:未分類