インプラントとは
インプラント 即時荷重インプラント all-on BGR法 スプリットクレフト ソケットリフト

インプラントとは

インプラントは歯の代わりとなるように歯がないところに人口の歯根(チタンという金属)を埋め、その上に人口の歯をつける治療です。インプラントは、大きく分けて、本体(フィクスチャー)、歯台部(アバットメント)、上部構造補綴物の3つで構成されています。

インプラントとはインプラントとはインプラントとは

歯を失った場合は、①インプラント、②入れ歯、③ブリッジという選択肢があります。

  長所 短所
インプラント

・噛み合わせの安定を長期間保つことができます
・失った歯の数が多い場合にも 咀嚼能力を回復できます。
・自分の歯と同じように見えます。
・自然の歯に近い機能が期待できます。
・歯を失った部分の顎の骨がなくなる のを防ぎます。
・抜け落ちてもやりなおしが できます。
・入れ歯が安定しない人でも、 自分の歯のような回復ができます。
・顎の骨がやせてしまうのを防ぐこと ができます。
・定期的なメンテナンスと日常の清掃 で、長期間安定した経過が 期待できます。

・治療時間が長くかかります。
・手術を必要とするため、全身的疾患 のある人の場合に処置できないことがあります。
・比較的費用が高いです。
・ブラッシングがうまくできない方にはお薦めできません。
・メンテナンスが必ず必要です(最低半年に1回チェックが必要です)。
インプラント

総入れ歯

・長期間の内に自然観を回復することができます。
・病気がちの方でもケアしやすいです。
総入れ歯

・安定した噛み合わせを短期間しか維持できません。
・長期間の使用により顎の骨が次第に失われます。
・違和感が強く、装着できない場合があります。
・発音が思うようにできない場合があります。
・比較的頻繁に作り直しを必要とします。
・顎の骨のやせた人の場合には安定が得られにくいです。

部分入れ歯

・短期間(数年)であれば、咀嚼機能をある程度回復できます(天然歯の1/3)。
・比較的短期間のうちに機能回復ができます。
・健康な歯を犠牲にする必要がありません。
部分入れ歯

・入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすいです。
・数年ごとに作りかえ、または調整を必要とします。
・適切な噛みあわせを長期間維持することができません。
・装着による違和感を生じやすいです。
・自然な外観を損ねることが避けられません。

ブリッジ

・自然の歯と同じような外観を回復することができます。
・自分の歯と同じように咀嚼することができます。
・噛み合わせを回復することができます。
・歯列の安定したつながりを回復することができます。
ブリッジ

・土台となるしっかりとした歯が両側にないと作製できません。
・失った歯の数が多いと処置できません。
・土台にした歯を削ることで負担がかかるにつれ、弱くなっていき歯を喪失する危険が増します。
・つながっているので清掃性が悪いです。
・セラッミックを使った自然観の回復は保険の適応を受けることができません。
・インプラントより長持ちしません。
・ブリッジの支台の歯に問題があるとすべてやりなおしとなります。

インプラントについてさらに詳しく知る

インプラント治療をさらに詳しく知る