即時荷重インプラント
インプラント 即時荷重インプラント All-on-4・All-on-6 GBR法 スプリットクレフト ソケットリフト

即時荷重インプラント

歯の無い期間をできるだけ短くしたい、無くしたいという方に行う治療法を紹介します。初診から最短1ヶ月半で治療が完了します。

即時荷重インプラントとは

インプラントオペ当日まで悪くなった自分の歯を残しておいて、抜歯をすると同時にインプラントを埋入するテクニックです。当医院ではほぼすべての症例においてこの方法を行っております。

歯を抜くとそれを支えていた骨がみるみる吸収され歯ぐきがやせていってしまいます。それを防ぐために、抜歯後即時インプラント埋入を行います。骨はインプラントを支えようと新しい骨を作るようになり、吸収していくことはありません。

元の歯肉の形態が維持され審美的な面においても、歯の無い期間が短くなるという点を考えても最良の方法であるといえます。

即時荷重インプラント_前 矢印 即時荷重インプラント_後

即時抜歯、即時負荷による治療「ノーベルスピーディ」で負担軽減

ノーベルスピーディ

ノーベルスピーディ・インプラントは先端がやや細くなっており、4つのカッティング・チャンバー(切りこみ)が付与されています。そのため直径をやや小さくドリリングした部位への埋入も容易で、幅広い症例において即時負荷のコンセプトを適用できます。

本来インプラントは埋入してから3~4ヶ月は負荷をかけてはいけません。しかしそれでは、長期間歯がない状態を我慢しなくてはならず、患者様に苦痛を与えてしまいます。

そこで当医院は即時抜歯、即時埋入、即時負荷を可能としたノーベルバイオケア社のスピーディを使用。これはとても難しい処置ですが、表面の固い皮質骨に直接埋入することで強固な固定を得ることができます。

ドリルだとかたくてオーバーヒートしてしまう為、セルフタッピングでゆっくりインプラントを埋入していきます。

ノーベルスピーディと従来のインプラントとの比較

従来のインプラントの場合
従来のインプラントの場合

隙間ができて安定が悪く、インプラント本体が骨にしっかり結合するのに時間が必要です。その為上部構造の取り付けまで、負荷がかからないように生活する必要があります。

ノーベルスピーディーの場合 オペ当日に仮歯が入ります
ーベルスピーディーの場合

インプラントの先が細いので、小さい穴でも埋入可能に。隙間なくインプラントが埋入されるので安定がよく、即時負荷にも耐えられます。

インプラントについてさらに詳しく知る

インプラント治療をさらに詳しく知る