いびきサイレンサー(いびき・無呼吸症候群防止装置)
一般歯科
虫歯治療 歯周病治療 予防歯科 いびきサイレンサー MI治療

いびきサイレンサー(いびき・無呼吸症候群防止装置)

睡眠中に息が止まることがある、よく大きないびきをかいている・・・
そんなことを指摘されたことはありませんか?
そのような症状があるなら、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に舌を支える上気道(鼻から喉頭の部分)の筋肉がゆるみ、気道が完全に塞がれ呼吸が一時的(具体的には10秒以上)に止まってしまう呼吸障害が、1時間に5回以上あらわれる状態のことをいいます。

代表的な症状としては「大きないびき」や「日中の眠気」で、放っておくと日常生活に支障をきたしたり、心筋梗塞や動脈硬化などの生命にかかわる病気や生活習慣病の引き金になったりします。

治療の流れ

いびきサイレンサーを用いた治療の流れをご紹介します。ご不明な点やご質問などがありましたら、お気軽にご相談ください。

治療の流れ

1日目・・・問診・検査、型取り、レントゲン、歯石除去・歯面清掃を行います。
2日目・・・マウスピース調整、取扱いについて説明します。

診療費用

診療情報提供書をお持ちの場合 保険適用

1日目: 6000円程度 (レントゲンなどの検査・歯面清掃)
2日目: 9000円程度 (マウスピース代)

いびきサイレンサーとはどんなもの?

いびきサイレンサーとはどんなもの?

無呼吸やいびきは、寝ているときに筋肉がゆるんで重力が加わり、下あごが下がるとともに舌も奥へと入り込み、気道が圧迫されることで起こります。それを防ぐために用いられるのが、いびきサイレンサーです。

いびきサイレンサーは下あごを少し前に出した状態に誘導するので、重力が加わりやすい仰向けで寝ていても下あごが下がらないようになります。すると気道が十分に確保され、空気の通りが楽になり無呼吸やいびきが起こりにくくなるのです。

一般歯科をさらに詳しく知る

他の診療科目を見る