CGF治療

CGF治療

池田インプラント先端再生医療センターでは、インプラント手術に必要であると考え、インプラント、歯周外科、口腔外科治療などの手術の際、骨や歯周組織の再生療法を実施しております。

再生医療の最先端 CGF治療

CGF治療とは、骨や歯茎などが足りない場所に 血液を特殊な遠心分離器にかけてできたゲル状のフィブリンと濃厚血小板をいれて再生を促すものです。

再生医療の最先端 CGF治療

CGFは患者さんご自身の血液を専用の遠心分離機にかけることで抽出されます。

添加物を一切用いない完全自己血液由来の血小板や成長因子を多く含んだフィブリンゲルなので他の骨補填剤と違って骨組織、歯周組織の再性能が高く、短期間で組織が完成し、なおかつ自分の細胞を使う事によって術後の感染などの心配がありません。

再生医療の最先端 CGF治療

血小板に含まれている創傷治癒能により手術後の傷を早く治すことができたり、CGFの優れた粘着能により人工の骨補填材のかわりに使用したり、人工のメンブレン(骨を増やすための膜)のかわりに使用したり、骨を同時に増やすインプラント治療を行ったりと、様々な用途に使うことが可能です。

そのため、他院にて、骨が薄いためインプラントを断念された患者さんにも対応いたしております。

再生医療の最先端 CGF治療

血液中の凝固因子が自然に刺激され、遠心分離により赤血球が分離されるとともに、成長因子や血小板を多く含むフィブリンゲル、CGFが形成されます。

骨補填材と混ぜて使用

骨補填材と混ぜて使用

CGFに成長因子と血小板が多く含まれているので、骨補填剤単独で使用するのに比べ、創傷治癒の促進が期待できます。そのため治癒期間が短くなります。

メンブレンのかわりに使用する

メンブレンのかわりに使用する

CGFを金属プレートでプレスするとメンブレン状になります。

GBRや歯周外科の際にメンブレンの変わりに使用することで、スペースメーキング機能やフィブリン本来のバリア機能により感染を防ぐなどの効果が期待できます。

CGF治療の症例

CGF治療初診時
CGF治療の症例

歯の根の下に大きな膿のかたまりができて骨がなくなっています。歯を抜歯して患者様の血液から採取したCGFを骨補てん材と共に埋入、骨ができるのを待ちます。

CGF治療4ヶ月後
CGF治療の症例 CGF治療の症例

硬い骨ができあがっています。

CGFで骨が出来たところにインプラント埋入

 

外科処置をさらに詳しく知る

他の診療科目を見る