メタルフリー

メタルフリー治療

安田歯科医院 池田インプラントセンターでは、金属を使用しないカラダにやさしいメタルフリー治療をご提案いたします。

現在歯科保険治療で主に使用されている金銀パラジウム合金、いわゆる「銀の詰め物」「銀のかぶせ物」は非常に使い勝手の良い金属として長年歯科治療に用いられてきました。

しかし金属アレルギーの可能性や天然歯との硬度の違い、歯茎への影響、見た目の非審美性など問題点も多々あげられ、金属を使用しないメタルフリー治療へと移行してきています。

★保険の金属は何故いけないの?

健康保険のかぶせ物や、詰め物(いわゆる銀歯)に使用する金属は、12%の金、20%のパラジウム、50%の銀を主成分とする合金です。口の中は、高温多湿の熱帯雨林のようなもの。

不安定な合金は腐食し、イオン化してそのまま体内に入り込み、蓄積されていきます。

その影響として身近な例では、金属アレルギーがあります。金属アレルギーは、溶け出した金属が免疫系を刺激してアレルゲンとなり、局所や全身に、発赤、腫脹、湿疹などを生じる疾患です。

また、かぶせ物の内部の土台(メタルコアー)に主に使用される金属は、銀を主成分とする合金です。この金属は、周囲の歯肉に成分が溶け出し、メタルタトゥーと呼ばれる黒いしみ状の着色になってしまうことがあります。

★当医院では虫歯の程度で使用する材料を選択しています

●小さなむし歯を直接つめる場合 ・・・   グラディア修復
●中程度のむし歯の詰め物の場合 ・・・ セレック オールセラミックスインレー
●1本分のかぶせ物の場合 ・・・   セレック オールセラミックスクラウン
●審美性、機能性を重視される方 ・・・  e-max
●連結したブリッジの場合 ・・・   ジルコニアブリッジ

これらの材料は数年前までは、強度の問題で広範囲の治療には使用できませんでしたが、現在では格段に物性が良くなり、様々な治療に応用可能となりました。皆様ご存知のセラミックナイフや人工ダイヤと同じ素材で作られています。

★メタルフリー治療の利点

見た目が自然で美しくなります

健康保険では審美性は考慮されていません。きれいな白い歯の中に、きらりと光る銀歯は決して自然ではありません。

心理学では初対面のときの相手の印象は最初の数秒で決まってしまい、その先入観を取り除くのには数週間の期間を要すると言われています。白くて自然な口元はあなたにとってとても大切な財産となります。

あなたの歯を守ってくれます

セラミックは熱膨張係数(温度差による収縮と膨張)が天然歯と酷似していて詰め物と歯の間に隙間ができにくく虫歯になりにくい利点があり、虫歯予防の点からもメタルより優れた材料です。

歯を失う原因の一番は歯周病や虫歯の放置によるものですが、次に多いのは歯の根の破折によるものです。

この原因はメタルコアーと呼ばれる、歯の土台を、弾力性の無い硬い金属で作るために起きます。弾力のない金属の心棒が根の中でクサビの様に働き根にヒビがはいってしまうのです。

最新の治療では、ファイバーコアーと言う弾力性のある樹脂で土台を作るので、歯に対する負担が少なく、破折を防止することができます。

他の診療科目を見る