プチ矯正
プチ矯正

プチ矯正

前歯だけの見た目を重視した歯列矯正

プチ矯正とは

「前歯のガタガタが気になるけど、矯正治療は治療期間も長いし、費用も高いので、なかなか踏みきれないなぁー」と悩んで終わる方が多いと思います。

一般的に矯正治療(歯列矯正)とは、上下の顎のバランス、歯の大きさと顎のバランスを整えることにより顎全体の咬み合わせを構築しながら歯並びを治していくため、年単位の治療期間がかかってしまいます。

でも、「前歯の見た目だけが気になっていて、とにかく簡単で早く安価で治療できたらいいのに・・・」と思われている方もおられるのではないでしょうか?

このような患者様には、前歯だけの歯列矯正(プチ矯正)をおすすめします!!

プチ矯正と従来の矯正との比較

プチ矯正だけでは無理な場合は、奥歯までブラケットをはるフル矯正も行っています。

患者さんの従来の矯正のイメージ 矢印 プチ矯正(前歯のみの部分矯正)

費用が高い(100万円以上)
治療期間が長い(3年以上)
痛い(奥歯で硬い物が噛みにくい)

前歯だけなので費用が安い(約20万円)
前歯だけなので短期間で終わる(3~6ヶ月)
前歯だけなので痛みも少ない

矯正料金(片顎の矯正)

フル矯正(40万円)
プチ矯正(20万円)
調整料は¥5,000です

プチ矯正の症例

症例1

プチ矯正の症例1 矢印 プチ矯正の症例1 矢印 プチ矯正の症例1

通常、審美治療(補綴治療)で治療すると前歯2本の神経をとり削ってかぶせるので費用は20万円、期間は1~2ヶ月かかります。しかし、プチ矯正で治療したので、ワイヤーが前歯6本だけ入りましたが、歯は一切削りません(歯のサイズを調整するために、少しだけスライスする場合もあります)。
費用は約20万円、治療期間4ヶ月。

症例2

プチ矯正の症例2 矢印 プチ矯正の症例2 矢印 プチ矯正の症例2

治療期間4ヶ月。

症例3

プチ矯正の症例3 矢印 プチ矯正の症例3 矢印 プチ矯正の症例3

治療期間4ヶ月。

矯正歯科をさらに詳しく知る

他の診療科目を見る