親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らず(親不知)とは、前歯から数えて8番目の歯、一番奥の大臼歯のことです。きれいに生えることが少なく、歯磨きがうまくできず虫歯になったり、歯肉が腫れてしまったりすることがあり、抜歯のケースになる可能性が多い歯です。

「親知らずは抜いた方がいい」と聞いたことがある方が多いと思いますが、それは親知らずによって痛みが出たり、他の歯に様々な悪影響が生まれるからです。

ただ、親知らずだからといって、必ず抜かなければいけない訳ではありません。抜歯には必ずリスクが伴います。

ケースは少ないですが、神経麻痺を起こすこともあるのです。

抜歯の対処は、的確な診断と処置を行うことが大切です。

親知らずの抜歯の流れ

1.レントゲン写真撮影&診査・診断を行います

まずは、診断のためにレントゲン写真・CT撮影を行います。その後、お話を聞かせていただきながら、お口の中を拝見して親知らずの状態、歯肉の状態を確認します。

  • 抜歯する必要があるか、そのままにするかの判断をします
  • 歯の根元が顎の神経に近くないかどうかを確認します(安全に処置をするために重要)
  • 根っこが二股に分かれていないかどうか(分かれている場合、時間がかかることがある)
  • 歯の角度をチェックします(抜きやすさが角度によって変わります)

そして、レントゲン写真と診査に基づいて必要な処置を判断します。

2.診査・診断に基づいての説明

診査・診断に基づいて、説明を行います。

抜くべきか、経過観察するべきかを理由と共に丁寧に説明をいたします。不安な点や、不明点があればお気軽にご相談ください。

抜歯の処置を行う場合には、今後の治療の流れや、処置内容と大体の処置時間をお伝えします。

症例によっては、この段階で大学病院や総合病院をご紹介することとなります。(より安全を期す必要がある難症例の場合には、大学病院をご紹介します。)

3.当日の体調確認

抜歯の処置を行う前に当日の体調確認を口頭で行います。恐怖感がある場合にはデパス(精神安定剤)を服用してもらいます。

※体調が優れない場合には、無理に治療を行わず後日のご予約をお取りします。体調が問題ないようであれば、抜歯治療に入ります。

4.抜歯の処置

丁寧な診査診断、清掃状況や体調の確認を終え、抜歯処置に入ります。症例によりますが、簡単なものだと5分かからないケースも多くあります。

時間がかかる場合でも、30分以内に終わるケースがほとんどです。なるべく患者様の負担が少ないような処置を心がけていますので、どうぞご安心ください。

5.投薬

ジスロマック(抗生剤)・ボルタレン(痛み止め)・プレドニン(腫れ止め)を処方いたします。
決められた容量をお飲みください。

※どうしても怖いという方には麻酔専門医による静脈内鎮静法を行いながらの抜歯も可能です。
その際は別途麻酔代がかかります。

他の診療科目を見る