ブログ

時代はメタルフリー

 こんにちは。歯科医師の安田麗子です。

先日、研修会で江坂に行ってきました。

今回の内容は、レイヤリングテクニックを用いた歯冠修復

(歯にプラスチックを綺麗に詰める方法)です。

 現在歯科保険治療で主に使用されている金銀パラジウム合金、

いわゆる「銀の詰め物」は 非常に使い勝手の良い金属として長年

歯科治療に用いられてきましたが、

金属アレルギーの可能性や天然歯との硬度の違い、

歯茎への影響、見た目の非審美性など問題点も多々あげられ、

金属を使用しないメタルフリー治療へと移行してきています。

 特に女性は審美的な点で銀の詰め物を敬遠する方が

増えているようです。

笑った時に銀の詰め物が見えるとすごく不自然ですよね(汗)

 当医院ではセレック・オールセラミック修復や

ジルコニアといったかぶせ物を扱っていますが、

最近ではプラスチックの詰め物も進化して、グラディアといった

着色しにくく、天然の歯のエナメル質に近い透明感のある

審美的なものが出ています。

こちらもリーズナブルでおまけに簡単にできるので

ニーズが多いです。

グラディア充填は歯のメイクアップみたいなもの。

術者のセンスによるものが大きいので、

常に技術を磨く必要があると思います。

 昔は金歯を前歯に入れるのがステータスな時代もあったそうで、

院長が若い頃は白い歯を入れると「こんなの綺麗すぎて嫌だ、

金歯にしてくれ!」と文句を

言われたそうですが・・・変われば変わるものですね(笑)

投稿日:2014年4月14日  カテゴリー:未分類